1. ホーム
  2. 単位互換制度について

単位互換制度について

1.国立大学教養教育コンソーシアム北海道の単位互換制度について

 

(1)概要
 国立大学教養教育コンソーシアム北海道(以下「コンソーシアム」という。)は,教養教育の充実強化を目的として,北海道地区の国立大学間で単位互換制度を活用し,教養教育を連携して実施する事業です。
 この事業は,「北海道地区国立大学における教養教育の単位互換に関する協定書」に基づき実施されます。
 参加大学の学生は,他大学から提供される授業科目(以下「単位互換科目」という。)を履修し,所属大学の授業科目の単位として修得することができます。

(2)ねらい
 学生は,参加大学の提供する特色ある多様な授業科目を履修することが可能となります。
 また,所属大学以外の学生と共に学ぶことができ,文系及び理系の様々な学生と学ぶことが可能となります。

(3)参加大学
 北海道大学,北海道教育大学,室蘭工業大学,小樽商科大学,帯広畜産大学,旭川医科大学,北見工業大学

(4)履修資格
 上記参加大学に在学する学部学生

(5)履修できる授業科目及び募集人数
 令和2年度の単位互換科目及び各大学の学生が受講できる授業科目については,「単位互換科目及び各大学における受講可能科目一覧」を参照してください。
 なお,学生は,所属大学で開講される授業科目を単位互換科目として履修することはできませんので,注意してください。
 また,履修可能人数を超える履修申請があった場合は,抽選により履修者数の調整を行います。

(6)履修できる単位数
 今年度に履修できる単位数及び卒業までに修得することができる総単位数については,所属大学の定めに従ってください。

(7)履修者の身分
 単位互換科目を履修する学生は,単位互換科目を開講する大学(以下「科目提供大学」という。)に特別聴講学生として入学することとなります。

(8)単位の認定
 大学設置基準に基づく各大学の定めにより,所属大学の授業科目の履修により取得した単位として認定されます。

(9)受講形態
 単位互換科目は,双方向遠隔授業システムを用いて,他大学の講義室で行われている授業を所属大学の講義室で同時間帯に受講する遠隔授業と授業科目が開講される大学の講義室で受講する対面授業があります。
 なお,遠隔かつ対面で実施する授業科目もあります。この授業科目については,履修申請期間前に遠隔かつ対面いずれかの受講形態を選択して,履修することとなります。ただし,単位互換科目の履修者として決定した後,履修者は,原則,選択した受講形態を変更することはできません。
 単位互換科目の受講形態については,「単位互換科目及び各大学における受講可能科目一覧」を確認してください。

(10)授業料
 授業料は徴収しません。ただし,授業科目により,教材等の実費を徴収することがあります。

(11)その他
 本募集要項に係る質問等がある場合は,所属大学の担当窓口に確認してください。
 各大学の担当窓口は以下になります。

北海道大学        学務部教育推進課全学教育・総合教育担当⑧・⑨番窓口

北海道教育大学
 札幌校              教務課修学支援グループ
 旭川校              学務グループ
 釧路校              学務グループ
 函館校              学務グループ
 岩見沢校          学務グループ

室蘭工業大学    学務課教務企画係

小樽商科大学    教務課学務教務係

帯広畜産大学    入試・教務課学務企画係

旭川医科大学    学生支援課教育企画係

北見工業大学    学務課教務企画担当

  • PRVideo
  • b_subject.jpg
  • b_syllabus.jpg
  • b_process.jpg
  • b_fdsd.jpg
  • b_pickup.jpg
ページトップ