1. ホーム
  2. 双方向遠隔授業システムー授業実施にむけてー

双方向遠隔授業システムー授業実施にむけてー

概要

 双方向遠隔授業システムは,専用のネットワークとテレビ会議装置を使い,
 教室に設置された3つのモニタカメラにより,
 配信側の大学で撮影される教員の様子や電子黒板の画像などが
 受信側の大学にリアルタイムで届く構成となっています。
 また,教室に設置された各種機器を活用することで,
 大学間の垣根を越えた多様な授業を行うことができます。

 授業風景01.jpg  地球環境科学03.jpg

機器操作について

 基本的な機器操作は,機器操作研修を受けたTA等授業支援スタッフが対応します。

授業風景05.jpg  授業風景04.jpg
■機器操作の研修を受けたTA等授業支援スタッフが常駐

IMG_1098.jpg  IMG_1108.jpg
■機器操作研修会の様子

目次

双方向遠隔授業システム設置教室(例)・各種設備
双方向遠隔授業システム・授業活用内容
履修管理システム 
授業開始前の準備と留意点
授業中のよくあるトラブル 
遠隔授業に係る承諾書 提出のお願い
資料各種
お問い合わせ先

 双方向遠隔授業システム設置教室(例)・各種設備

設置教室.png

各種設備

●ディスプレイ1

電子黒板(Big Pad)のこと。単体としてはディスプレイであり,切替器を操作して表示する映像を切り替えることが可能です。
テレビ会議,モニタカメラPC(正面),共有電子黒板PC1,共有電子黒板PC2を表示することができます。
IMG_2402.JPG

●ディスプレイ2

電子黒板(Big Pad)のこと。ディスプレイ1と同じだが,教室によっては電子黒板が1台しかない場合があります。
なお,タッチペンで操作可能なのは,共有電子黒板PC2(1台の場合は1)を表示しているときのみとなります。

1-5-1. BIG PAD_80インチ_E213.JPG 

●モニタカメラ(授業撮影用カメラ)

教室に2つある授業を撮影するためのカメラのこと。教室全体を俯瞰するための教室前方に設置されたモニタカメラ(全体)と,
教室の正面を撮影するため教室後方に設置されたモニタカメラ(正面)があります。
モニタカメラ(正面)のみ,画角を操作できます。

1-8-1. 正面撮影モニタカメラ_N273.JPG  1-8-2. 俯瞰用モニタカメラ&金具_E212.JPG
●【左】モニタカメラ(正面) 【右】モニタカメラ(全体)

●テレビ会議用カメラ

ディスプレイ1の上に載っているカメラのこと。
操作は灰色のリモコン(Panasonic)で行い,教員や受講生の様子を映します。

1-7-3. テレビ会議装置カメラ_N273.JPG

●主収納庫

PC本体やLife size本体,ミキサー等を収納しているボックスのこと。
主収納庫02.jpg

●副収納庫

リモコンやマイク,ハンディカメラ,出席確認装置等を収納しているボックスのこと。

副収納庫02.jpg

●PCモニタ

主収納庫上にある,パソコンのモニタのこと。2台のうち1台は『出席確認PC』のモニタ。
もう1台は,『モニタカメラPC』『電子黒板PC』の共通モニタ。
収納庫の一番奥にある,『モニタ表示切替器』で表示するPCを切り替えることができます。

PCモニタ.jpg テレビ会議装置.jpg
●【前】モニタPC・電子黒板用    ●モニタ表示切替器
●【奥】出席確認用

 双方向遠隔授業システム 授業活用内容

双方向遠隔授業システムでは,様々な機器を活用することで授業をリアルタイムで実施することができます。
授業資料の画面共有や学生とのコミュニケーションも可能です。
各種機器を使用して,臨場感あふれる授業の実施にご活用ください。

【各種機器】
●テレビ会議  ●電子黒板の共有 ●音響設備 ●クリッカー回答
●書画カメラ  ●質問装置  ●出席確認装置 ●グループワーク

 テレビ会議

テレビ会議.png

 電子黒板の共有

電子黒板の共有.png
パワーポイントで作成した資料は,電子黒板で書き込みが可能です。
(赤文字一色のみ。細い線のみ。)
  ↓ ↓ ↓
< 改善方法 >
資料をペンソフトに転送すると,多彩かつ様々な太さで書き込みが可能になります。

<パワーポイント資料のペンソフト転送方法>
①共有電子黒板PC上で,パワーポイントの資料を開き,ペンソフトへ転送したいページを表示。
②「印刷画面」を開き,「プリンター」の設定を「ペンソフトへ送信」に変更する。
③①で表示した転送ページ番号を「スライド指定」に入力する。
④印刷ボタンをクリック。
⑤ペンソフトのホワイトボード画面を開き,点滅したデータの取り込みボタンをタッチしてデータを取り込む。
⑥ホワイトボード画面に,指定したパワーポイント資料が取り込まれたことを確認。
※書き込みしたホワイトボードのデータは保存が可能です。

転送用3.jpg  転送用8.jpg
【左】PPTでのペンソフト転送操作 【右】ホワイトボードに表示されたスライド

【簡易機器操作マニュアル(教員用) P3 に掲載】

 音響設備 ・ クリッカー

音響 クリッカー.png

 書画カメラ ・ 質問装置

書画カメラ質問装置.png

 出席確認装置 ・ グループワーク

出席確認 グループワーク02.png

●出席確認装置

出席確認01.jpg  IMG_2695.JPG
●【左】出席確認装置でパターンを読み取る  【右】学生証を読み取る

出席確認PC.jpg
●出席確認PCモニタで出席状況を確認(受信大学の情報も確認可能)

 履修管理システム

履修管理システムについて003.png

履修管理システム概要
講義資料アップロード
授業データの保存・確認
履修者情報
学生の課題提出
授業映像

 履修管理システム概要

ログイン方法02.png

  履修管理ボタン.png

 講義資料アップロード

講義資料アップロード02.png

 授業データ 保存・確認

授業データ001.png

 履修者情報

履修者情報001.png

学生の課題提出

課題提出001.png

 授業映像

授業映像001.png

 

 授業開始前の準備と留意点

留意点.png

講義資料準備.png

履修管理ボタン.png

各種機器を使用する場合

●各種機器を使用される場合は,事前に所属大学担当職員にご連絡をお願いします。
 授業開始前の準備や取扱い方法等についてご相談させていただきます。
●授業開始前に,配受信大学全体で接続確認を行います。

【 質問装置 】
i Pod Touch のカメラとマイクを使って,テレビ会議に学生の表情と音声を配信します。
<POINT>
質問装置を使用することで,受信大学側の学生が授業に参加している意識をもって
受講することができます。

【 書画カメラ 】
ハンディカメラを使用して,解像度の高い映像を配信できます。
<POINT>
実験などの様子を映して,詳細を配信することができます。

【 クリッカー 】
学生の授業内容の理解度をリアルタイムで確認できます。
クリッカー表面.jpg
●(写真)クリッカー/ ボタンを押して回答。集計結果がすぐに表示できるのが特徴。


区リッカー.png

クリッカーソフトのバージョンについて

※ 現在,開発元が提供するクリッカーソフトは最新バージョンのVersion 7ですが,双方向遠隔授業システムで使用するクリッカーソフトはVersion5と古いため,最新バージョンを使い,問題を作成すると授業では使えなくなる可能性があります。

遠隔授業用にクリッカーソフトを使用する場合は,以下のVersion5のソフトウェアをダウンロードし,お使い願います。

Windows 版(インストーラー形式)
Windows 版(圧縮形式)
Mac 版(圧縮形式)

マイクの取扱いについて

マイク持ち方.png


【大講義室の場合】 ※無線マイク
●ハンドマイク  ●ピンマイク

【少人数教室の場合】
●集音マイク   ●無線マイク

IMG_2738.JPG  IMG_2741.JPG 
【左】集音マイク 【右】設置場所(教員から離れた位置に設置しても声を拾います)

レーザーポインター.png

飛べノート02.png

 授業中のよくあるトラブル

トラブル.png

トラブル報告一覧はこちら

受信大学・履修学生の対応について

履修学生対応.png

遠隔授業に係る承諾書  提出のお願い

双方向遠隔授業において,授業を担当される教員の方には,
「遠隔授業に係る承諾書」のご提出をお願いしております。
ご協力の程,何卒よろしくお願い申し上げます。

【承諾書】はこちらから

【提出先】 所属大学の担当職員

資料各種

●北海道地区国立大学教養教育連携実施事業に係る実施状況について
平成28年度版
平成29年度版
双方向遠隔授業システム-授業実施にむけて-
北海道地区国立大学教養教育連携実施事業に係る参考資料
履修管理システム操作マニュアル(教員用)
学校における教育活動の著作権
簡易機器操作マニュアル(教員用)
各大学講義室一覧
遠隔授業に係る承諾書
平成29年度単位互換科目募集要項
平成28年度単位互換科目募集要項(後期別冊)
平成29年度単位互換科目募集案内 パンフレット
平成29年度単位互換科目募集案内 リーフレット
平成28年度 後期分 単位互換科目募集案内 リーフレット

お問い合わせ先

国立大学教養教育コンソーシアム北海道
北海道地区国立大学連携教育機構事務室
北海道大学 高等教育推進機構(N107)
【所在地】〒060-0817 札幌市北区北17条西8丁目
【E-mail】hk-renkei@academic.hokudai.ac.jp

※授業実施に係わる詳細等に関しては,
所属大学の担当職員に,直接ご連絡をお願いします。

  • 時間割・教室
  • 令和3年度 前期 シラバス
  • 履修の手続き
  • 募集要項
  • abusent.png
ページトップ